物忘れと探し物の時間

今期のドラマで一番ハマっているのは、金曜10時からの『大恋愛』。

金曜夜に2枚目のムロツヨシを堪能した後に、日曜10時半からの『今日から俺は』の先生役のムロのギャップに萌え萌えするのがここ最近の週末のお楽しみ、「atelier AI」アトリエアイby 藍プランニング株式会社の片づけ・収納相談担当かわかみさちこです。

大恋愛

『大恋愛』は戸田恵梨香ちゃん扮する女医さんが、若年性アルツハイマーを患いいろんな記憶をどんどん失っていくお話。

元々物忘れが激しく、もう若年性とも言えない年頃の私には自分の物忘れが老いなのか?認知症のはじまりなのか?と、そちらが気になってしまいますが、

最近もついうっかりが発動され、工作用の板を玄関先でカットしていてちょっとどこかに置いたつもりがそれを思い出せず、1時間近く探し回る羽目に!

1階のリビングで作業しようと思っていたので、1階のどこかに置いたはず!と、さんざん探したけど出てこず、

大捜索の末どこから見つかったかというと2階の娘の部屋。外にいた時に猫がベランダに締め出されている!と気づいて入れてあげなきゃと思い2階の娘の部屋の窓際のタンスに板を置いたよう。← ここの記憶がさっぱり抜けてる!恐ろしや!大丈夫か?自分。

 

何かをやろうとしていてふと他のことに気を取られて、無意識のうちに持っていた物をどこかに置いてしまう。そして思い出せない。

そんなことがままあります。

これでも今はだいぶ探し物に割く時間は少なくなったけど、昔、片づけられない女だった頃はそんなのしょっちゅう。日常茶飯事。

部屋が散らかってる上に、そんなうっかりがちょいちょい発動され、毎日何かを探しているよう。

*出かけようと思うと鍵や財布が見つからない。

*提出期限が迫っている書類が見つからない。

*大事なものだからと大事にしまいすぎて仕舞った場所を思い出せない。

家の中に物も大量にあった頃、いろんな場所をひっくり返しては「無い無い!見つからなーい!」と探し物に時間を費やし、その日の予定は狂い、いろんなことへのモチベーションはダダ下がり。

「なんで自分はこんなに物への管理能力がないんだろう」と自己否定の負のループ。

そんなこともあって、いつも探し物をしていなきゃならない片づかない原因を知りたいと思ったのが、ライフオーガナイズを学ぶきっかけになりました。

 

家の中で物が迷子になる理由は?

簡単に言ってしまえば、物の住所が決まっていないからです。

*使ったら必ず戻す場所(物の住所)を決めてあげる。

*家族で共有するものは家族みんなにも住所を認識してもらう。

*使ったら必ずその場所に戻すことをルールにする。

でも、この住所を決める作業は意外と大変なんです。そこには、自分の毎日の生活の動線、物の分類、使用頻度や優先順位、などが大きく関わってくるからなのです。

それを無視して、例えば雑誌に載っていた収納場所が良さそうと真似しても、自分の行動に合った場所でなければそこに戻すという行為が持続できないのです。

 

例えば我が家のカギ。

リビングにこんなキーケースを設置しています。デザインが可愛くてお気に入りで購入したものです。

キーケース

ここには今、自転車の合カギや物置のカギなどたまにしか使わないカギがかかっているだけ。

毎日使うカギは私を含め誰もここには入れません。原因は面倒くさいから(笑)

キーケースの扉を開けて、金具にキーホルダー付きのカギをひっかけて、また扉を閉める。という行動ができないのです。

結果、それぞれが自分の置きやすいところに置いています。

私は

カギの置き場

 

その日使っていたカバンに入れっぱなしか、カバンから出してリビングのドア近くの棚の上のカゴにポイっと入れるだけ。

面倒くさがりで、目に見えないと存在を忘れてしまう自分には、このくらいのルールがピッタリなよう。おしゃれなキーケースはあまり役には立たなかったけど、以前よりカギを探す頻度は断然少なくなりました。

とはいえ、上着のポケットに入れっぱなしにしてしまい「カギが無いー!」と慌てることも、そして、他のことに気を取られていて違うところにポイっと置いてしまうこともまだまだありますが(笑)

自分の行動の癖や動線を考えて物の住所を決めて、そこに戻すことを意識して行動することで、探し物に割く時間は確実に減らすことができます。

まずは自分に合った物の戻し方、仕舞い方のルールを見つけることが肝心です。

お客様の中で多いのが、収納場所は「~ねばならない」と思い込んでいること。昔からの習慣だったりその家のルールだったり、でもそれがその方の行動に合っているかというと、そうでないことも多いのです。

お話をお聞きして、「こういう場所へ置く方法もありますよ。」とご提案すると、「考えもしなかった!」とおっしゃられる方が意外と多いのです。

自分に合った収納場所と仕舞い方を見つけるだけで、暮らしの動線がぐんと楽になりますよ。

 

なんとなく決めた収納場所が使いづらかったり、うまく活用できていないなと感じることがあれば、どんな小さなことでもいつでもお気軽にご相談ください。

ヒアリング相談でお話を伺うだけでも、散らかる原因やその対処の仕方が見つかるかもしれません。

メールなら24時間いつでもOK(お返事は翌日になることもあります)。

ご相談はコチラから ⇒ お問い合わせフォームへ

お電話は 0467-39-5516 または 090-5446-6376 川上まで(AM9:00~PM5:00)

 

 

The following two tabs change content below.
かわかみさちこ

かわかみさちこ

藍プランニング株式会社の片づけ・整理収納担当、かわかみさちこです。アメリカで生まれた片づけの手法ライフオーガナイズ®の考え方を元に、暮らしを楽にする仕組み作りを考えます。暮らしに役立つ片づけのヒントや収納、大好きなインテリアのこと、アトリエアイでのワークショップなどもご紹介しています。