外壁塗り直しは自分の好きな色でテンションアップ

猛暑が続きます日本列島。

「暑い!!!」がすっかり口癖になってしまいました、笑顔あふれる家づくり:藍プランニング(株) スタッフブログです。

昨日は外壁塗装のお客様と打ち合わせでした。

ベイスターズブルー

ご家族で横浜ベイスターズの大ファン、外壁の色はもちろんベイスターズブルーをご希望です(^O^)/

(写真は横浜スタジアムの画像お借りしました。)

 

お家の印象を決める、外壁の色って大事

お家の大部分を覆う外壁、その色でお家の印象はがらりと変わります。

ここ何年かで濃いめの色合いの外壁をお選びいただくお客様も増え、街を歩いていてもちょっと目を引く個性的な外壁の色のお宅も増えてきた印象です。

外壁の主流の人気色はホワイト、ベージュ、グレーなどの淡い系の色味。周りから浮かない、何にでも合わせやすい無難な色、といってしまえばそれまでなんですが。

そんな中で「外壁の色は是非ベイスターズブルーに!」とのご希望。理由は「大好きなベイスターズの色の家で毎日過ごせたら、きっとご機嫌で暮らせるはず!」とのこと。

とはいえ、周りのお家がどちらかというと淡い色の家が多いので「ベイスターズブルーの家って浮いちゃうんじゃないかしら?」とのご心配もおっしゃっていました。

 

でもその好き!って気持ち、すごく大事な事なんだと思います。自分の家が「大好きっ!」て思って毎日過ごすのと、好きでも嫌いでもないけどしょうがなく過ごすのとじゃ、絶対日々の生活のテンションも違ってくると思うんですよね。

外観や見た目だけじゃなく、大好きなインテリアに囲まれてたり、たとえばお花や自然が大好きでお庭が充実していたり、あとは日々の生活動線がスムーズにいっているかとか、使い勝手が良くて清潔を保てるかとか・・・

自分の家が大好き!家にいる時間が一番好き!と、家族がみんな思えるお家。家づくりの基本で一番大事な事なんじゃないかと思います。

 

なので、今回のお客様の「大好き!」な気持ちを叶えるべく、ベイスターズブルーに限りなく近い色味で、でも周りのお宅とも調和がとれるような工夫もしつつ、じっくりとお話をうかがいながら工事を進めていく事になりました。

 

自分の家を大好きになるには

家を建てるとき、または家を買う時って、考えること決めなきゃいけないことがたくさんあって大変ですよね。たいていの人は初めての経験。わからないこともたくさん。

そんな中で、ハウスメーカーの営業の人に「これがいいですよ、これがお奨めですよ」と言われたら、専門家が言うなら間違いないよね、とそのままいろんなことを決めてしまう事の方が多いです。

特に大手のハウスメーカーさんは、工期は短くなるべく面倒くさくなく終わらせる方が効率いいので、標準的な施工のしやすい無難な物を奨めてくるもの(独立前は某大手ハウスメーカーに勤務していた社長が言ってるので間違いないですww)

ピカピカの新しい家はそれだけで嬉しいし、テンション上がるし、ハッピーな気分で過ごせます。

でも、たいていの人は住み始めてからいろんなことに気付くものなんです。

「ここがなんだか使い勝手が悪いな、ここに棚があったらな、逆にここに収納は不要だったな。」なんてね。

 

小さな所なら、自分でDIYしたり工夫したり、暮らしやすいようにカスタマイズ出来るけど、外壁の色や屋根の色、間取り、内装など大きなところは「なんとなく好きじゃなかったかも・・・」と、住み始めてから気づいても新築早々リフォームをなんて言い出せるはずもなく、やっぱり10年~15年たってそろそろメンテナンスを、という時期まで我慢してしまうもの。

 

でもそれは大手ハウスメーカーで建てたからというわけではなく、地元の小さな工務店でもどこでも、建てるときのお客様の声や希望、想いをどれだけきちんと聞いて拾い上げて、それを現実のものにして行けるかの違いなんだと思います。

弊社では、工事が始まる前のお客様との対話の時間打ち合わせの時間を一番大事にしています。打ち合わせの回数も他のところに比べたら全然多いと思います。

だって、お互いほぼほぼ初対面で、ちょこっと話聞いたぐらいじゃ何が好きか何が大事か、こだわってることは何なのかなんてわからないじゃないですか。

なので、他のところよりも家が完成するまでは時間がかかるかもしれません。でもお客様が納得のいく「大好き!」と自信を持って言っていただけるお家を完成させるために、時間をかけてたくさんお話をうかがって、それこそ家族の一員、は言い過ぎでも親戚の1人くらいの気持ちでプランニングを進めていきます。

 

それでも、住み始めてからお客様自身がちょっとした違和感に気が付くことも多いのです。

そんな時にでも気軽にご相談いただき、すぐに対応できるように、お客様とのお付き合いは一生の物、アフターフォローはずっと続くものだと考えています。

 

リフォームは古くなった家、壊れた設備を直すだけではありません

自分の家が「大好き!」って思えずになんとなく過ごしてしまっている方も、10年15年のメンテナンスの時はまたお家を見直すチャンスでもあります。住んでみたからこそ分かったこと気づいたこと、リフォームは暮らしやすく過ごしやすい毎日を手に入れる、自分の家が大好きになるチャンスでもあるのです。

プロに任せる大掛かりな工事の時にこそ、ご自身が今まで感じていたこと不便に思っていたことなど、何でもいいのでお話し下さい。ほんのちょっとしたことでも気づいたことをメモしておいてください。

もちろん予算があってのこと、希望が全部叶うわけではないのですが、その中でお客様の何が大事なのかを私たちと一緒に探していきましょう。

 

でも正直な話、今回のお客様はベイスターズファンだったから良かったけど、阪神ファンで黄色と黒の縞々で、とか言われてたら頭抱えてたかも(笑)。

そして、お客様の話を聞きながら羨ましそうにしていたカープファンの社長が、自宅の外壁をカープレッドにしたいと言い出したら、全力で阻止しようと思います!!

 

あ、でもお客様のお宅でご要望があれば全力でご協力しますよ(社長が)カープファンのお客様もお待ちしております(^O^)/

 

お問い合わせはコチラ ⇒  藍プランニング(株)お問い合わせフォームへ

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
藍プランニング

藍プランニング

湘南の家づくりを皆様と一緒にスタートして早25年のキャリアと実績になりました。常に大切なのは「笑顔」・・皆様の笑顔のために藍プランニングはあります。どうぞよろしくお願い致します。
藍プランニング

最新記事 by 藍プランニング (全て見る)